Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリの正統ショコラティエ「メゾン ショーダン」のパヴェ・ノワールが神チョコ!

フランスの高級チョコ「メゾン ショーダン(ミッシェル ショーダン)」は、

フランス、パリ7区の高級住宅街にある高級チョコレート専門店です。

é¢é£ç»å

シェフは、ミッシェル・ショーダン氏。フランス・ロワール地方生まれ。
地元の厳しい徒第制度の元、修行を始め、パリに上京。
スイス人ショコラティエに師事し、チョコに魅せられます

ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
30代からは数々の有名パティスリーのシェフを務め、1986年「ミッシェル・ショーダン」をパリ7区の高級住宅街にオープン。

ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

上品な味覚、優れた独創性がパリジャンの間で評判となり、安定して高い評価を得ています。芸術性の高いチョコレートや繊細なボンボンショコラで評判となりました。

1991年の日本進出以来、長く日本で愛されてきた同メゾンですが、2016年のバレンタインを持って、ショコラティエ ミッシェル・ショーダン氏は引退を発表。

以後「メゾン・ショーダン」として引き継がれました。

ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

後を引き継いだのはフランスショコラ界で大注目のジル・マルシャル氏です!

ーーと思ったら、台風のごとく去って行きましたね。だってブリストルやメゾンドショコラでディレクターを努めてきた豪華経歴の持ち主ですから。

老いたメゾンの後釜なんて狭すぎます。さっさとモンマルトルに自身の名を冠したショコラトリーをオープン。むしろ、魔術師であるマルシャル氏の個性が発揮され、時代に叶う発展を遂げています。当然の成り行きでしょう。

é¢é£ç»å ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

というわけで昨年、2017年にはアレクシア・サンティーニ氏を新たにテクニカルディレクターに迎え、新生「メゾン ショーダン」として伝統を守りつつ、進歩し続けています。が、この女性、あまりパッとした存在感、キラリ光るものがないんですよね。

パトロンも変わったのですが、やはり全ては味勝負なのでこのご時世、かなり心配ではありますが。

ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

現在は奇をてらったショコラがブームとなっていますが、それでもショーダン氏の上品かつ優雅な「フランスらしい」シンプルなショコラは、年代問わず愛されています。

真のショコラ・ラバーにはマストのブランドといえましょう。

「時として愛の言葉より甘く、また時として苦痛のごとく苦いショコラを作る事に私の人生のすべてがある」

ミッシェル・ショーダン氏の言葉です。

マツコの知らない世界」で楠田枝里子さんが大絶賛、日本でもその名を轟かせていますね。

ã¡ã¾ã³ã·ã§ã¼ãã³

こちらの看板商品といえば、フランスの石畳をイメージした生チョコレート「パヴェ」。

f:id:kotorio:20181127062254j:plain
冬限定の「パヴェ ノワール」と「パヴェ オレ」をご説明しましょう。

「メゾン ショーダン」本店のあるパリ、ユニヴェルシテ通りの石畳をイメージした生チョコレートです。近隣の高級マダムや紳士の手土産として長く愛されている商品です。

f:id:kotorio:20181127062324p:plain

ミルク味の「パヴェ オレ」。ビター味の「パヴェ ノワール」。

見た目の色が違うので初めてでもわかりますね。

1粒1センチ程度のサイズで粒がまさに「石畳」の如く詰まっているのが嬉しい。

ここのショコラは以外と甘さがあるのですが、どちらのお味もしっかりとカカオ感がでているのが不思議です。

ミルク味はやはり甘さを先に感じ、キャラメルのように後味を引きます。

ビター味の「パヴェ ノワール」もビターにしてはショコラの甘みを感じ「苦い」というほどではありません。いずれも、ちょうど食べやすい感覚です。

é¢é£ç»å

とにかく素材に忠実に、流行に乗らずただ一途な想いを遂げてきたこのメゾンの心意気が伝わる一品です。

これぞ究極のショコラの王道。シンプルで美味しい生チョコレートは、男性や会社のお取引先への手土産にもとっても上品で喜ばれるでしょう。

ちょっと遊び心を加えたいならこちらはいかが?

ã¡ã¾ã³ã·ã§ã¼ãã³ ãµã ã©ã¤

「サムライ」ボンボンは、コーヒー風味のガナッシュをミルクチョコでコーティングし、ビターチョコでフタをしたエスプリの利いた一粒。

ã¢ã³ã¿ã©ã¼ãº

こちらはサムライそっくりですが「モンタラーズ」といってキルシュ酒入りのショコラのムース。柔らかな口当たりが癖になります。とっても手が混んでいますよね。

ギフトボックスにはこちらの焼き菓子もオススメ。

ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

特にケーク・オ・ショコラは濃厚なチョコレートケーキで、グリヨットだとアーモンド風味が加わりなんとも大人の洋菓子に。

その他紅茶味、バニーユ味のケイクから、マカロン、クッキーまでが揃います。

コーヒー、紅茶のみならずウイスキーなどともよく合います。

ãmichel chaudunãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

Maison Chaudun, artisan chocolatier

149 rue de l’Université
75007 Paris 
Tél : 01 47 53 74 40 月〜土)10h-19h, 日)10h-17h. 

【kotorioからのひとこと】

生クリームの度合いが他と比べて強めのような気がします。

美味しさの秘訣はもちろんここなのですが、お持ち帰りの際は気温にお気をつけあれ。

é¢é£ç»å